御幸建設株式会社

tel.0564-26-1234

お問い合わせ

ブログBlog

豊田市大林に新築物件登場!

今回は豊田市大林に建設中の2階建て重量鉄骨造二棟の賃貸集合住宅を紹介いたします。

この新築物件は重量鉄骨造、2棟、23戸となり、令和2年3月末に完成予定です。

現在の進捗状況を報告致します。

 

【外部】

南棟は、外壁サイディング張りを進めています。

また、北棟は足場解体が完了し、外部埋設配管工事、外構工事も進めています。

DSCN8135
全景写真

 

DSCN8135
全景写真

 

DSCN8265
北棟南面 写真

 

【内部】

北棟は内部造作が着々と進み、各部屋の間仕切り壁が完了しつつあります。

 

DSCN8301
クロス(施工前)

 

DSCN8302
クロス(施工前)

 

DSCN8300
床 ロイヤルウッド(施工前)

 

南棟は床組み、天井組が完了し、間仕切り壁の造作を進めております。

 

DSCN8250
壁 造作写真

 

DSCN8253
壁 造作写真

 

DSCN8220
天井 造作写真

 

次に、重量鉄骨造ブレス構造の特徴を紹介します。

 

DSCN7819

 

DSCN7818

 

・重量鉄骨造と軽量鉄骨造では柱の厚みと大きさが異なります。

 軽量鉄骨造の柱の厚みは3㎜~4㎜に対して、重量鉄骨造の柱の厚みは6㎜~14㎜あります。

・ブレスと呼ばれる斜め材を柱と柱の間にいれる事で地震時の水平力に働く力に対応します。

・縦方向のブレスだけでなく、屋根面には梁と梁の間に水平方向にブレスを配置してます。

 この水平ブレスがあることにより、屋根面の梁の変形を抑える事が出来ます。

・2階デッキコンクリートを採用しており、水平力を受ける梁から反対側の梁まで力を伝え、

 建物を変形させないようにしており、地震力に対抗します。

・建物の荷重を柱によって、分散させ、支持する地盤に伝える為、基礎はベタ基礎と呼ばれる

 建物全体を面で支える構造を採用しています。

 

 賃貸集合住宅の完成予想パースです。

 

二村様賃貸集合住宅北棟パース二村様賃貸集合住宅南棟パース
北棟南棟

 

三月末の竣工に向けて、安全第一で取り組んでまいります。